診療時間

スタッフブログ

その座り方、腰痛の原因かも?戸塚 整骨院

その座り方、腰痛の原因かも?戸塚 整骨院

こんにちは!ゼロスポ戸塚です!

7月に入り気温も上がってきて本格的に夏の季節がやってきました!

今から夏休みに向けて予定を立ててる人も多くいらっしゃると思います。

車で長時間運転して遠くまでお出かけしたい方もいらっしゃると思います。

今回は車だけでなく、お仕事中ずっと座っている方に向けて腰痛を起こしやすい座り方とその原因、対処方法をお伝えしていきます。

そもそも腰痛の原因とは??

腰痛は様々な原因で起こることが多いですが、その中でも一番多いのは『悪い姿勢でずっといること』です。

現代の日本ではデスクワークで仕事をする方が多かったり、学生で常にデスクと向き合って勉強している方が多いと言われています。

その中で腰痛を引き起こすリスクがある座り方を4つ説明していきます。

***********

①足を組んで座る

骨盤に均等に力がかからないことにより、骨盤が歪んでしまい腰痛のリスクがあります。
骨盤が歪むことによって、背中や腰に負担がかかるなど非常に問題の多い座り方です。

また骨盤が歪むことによって脚を組んでいないと違和感を感じてしまうようになってしまう場合もあります。
足を組みたくなる原因として、人間は立っている時や座っている時に疲れないように体の重心を左右どちらかに預けているケースが多いことから足を組む人が多いとされます。

②猫背で座る

肩が前に行く、背中や腰を丸めて座る姿勢のことを猫背と言います。パソコンやスマホなどを使うときに身体を丸めて画面に顔を近づけてみてください。その姿勢が猫背姿勢と言われます。

また仕事に集中して前のめりになったり、長時間の運転などで猫背姿勢を長く続けてしまうことが腰痛の原因となります。
腰の筋肉に最も負担がかかりやすい姿勢で、習慣化していると腰痛を引き起こしやすくなります。
腰だけでなく肩こりや首のこり、頭痛などを引き起こす可能性があり、首が前にいってしまうストレートネックの原因とも言われています。

③猫背で座りすぎてストレートネックになる

斜め下をのぞき込む、ちょうどスマホを見ている状態の首です。
まっすぐ前を見る姿勢の4倍も負担が首にかかるので、肩こりや腰痛の原因にもなります。

 

④インナーマッスルがない状態で反り腰気味で座る

椅子に浅く腰掛けて、背筋を伸ばして座る姿勢です。
重心が前になり、反り腰となってしまいます。
インナーマッスルがない状態で姿勢を意識し過ぎて座ることによって上半身が安定せず、無理な力が腰から背中にかけてかかりやすいので、腰痛の原因になります。

***********

では、座っている時になぜ姿勢は悪くなってしまうのでしょうか?

その原因としてほとんどが骨盤についているインナーマッスルの低下が原因と言われています。

当院では慢性的な腰痛を根本から改善するために以下の治療を行なっています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①骨格の歪みを取る

骨格の歪みは左右のバランスに影響が出て、その影響で筋肉や関節に大きく負担がかかってしまうことがあります。

そのためにもまずは筋肉の緊張を取り、その後骨格を正しい位置に戻すことで筋肉や関節にかかる負荷を軽減させます。

①インナーマッスルを鍛える

いくら良い姿勢が作れてもインナーマッスルが上手く使えてないと姿勢の歪みが戻ってしまい、痛みが再発してしまうケースがあります。

インナーマッスルを鍛えることで骨盤を支える事ができ、長時間のデスクワークや日常生活での腰の痛みが徐々に楽になってきます。

当院では楽トレ(EMS)を使ってインナーマッスルを鍛えることができます。

以上の治療を行い、腰痛を根本的に治療しています。

根本治療についてもっと詳しく知りたいという方はこちらから!

☎︎→045-866-6240

ゼロスポ鍼灸整骨院 戸塚スタッフ一同

 

横浜市 戸塚区 整骨院

肩こり 腰痛 膝痛 スポーツ外傷

骨盤矯正 産後骨盤矯正 交通事故

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分