起立性調節障害について|横浜市の戸塚区のゼロスポ鍼灸整骨院・整体院

診療時間

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きられず午前中は体調が悪い
  • 時々立ちくらみやめまいが起こる
  • 特に朝は動悸や息切れがひどい
  • 午後になると普通に動けるのでなまけていると責められる
  • 検査しても異常が見つからない

起立性調節障害とは?|横浜市戸塚区 ゼロスポ鍼灸 整骨院 戸塚

起立性調節障害は、特に小学校高学年から中学生頃によくみられる、自律神経の異常などによって立ちくらみ、頭痛、動悸、失神などが起こる疾病です。
特に午前中症状が激しく、午後になると改善し、夜になると目が冴えるという特徴があり、誤解されることも多いのですが、本人の努力ではどうにもならない、身体の病気です。

起立性調節障害の原因とは?|横浜市戸塚区 ゼロスポ鍼灸 整骨院 戸塚

この障害は脳に異常が起きている訳ではなく、検査をしても原因がわからないことがほとんどです。
しかし、症状が出ている時は血圧が低くなることがわかっており、そこから自律神経の失調が原因だと考えられています。
自律神経は本人の意思とは関係なく働く神経で、交感神経は日中、副交感神経は夕方から明け方にかけて活発になります。
しかしこのバランスが崩れると、心身に様々な不調が起こるのです。

血圧もその一つで、本来朝になると交感神経が活性化して血圧が上がりますが、起立性調節障害の場合、いつまでも副交感神経が優位なままで血圧が上がらないのです。
すると血液が全身に回らなくなるため、朝起きられない、めまいや立ちくらみがする、何もする気が起きないといったトラブルが起こります。

また、この疾病が特に思春期に多いのは、第二次成長期にさしかかるため心身のバランスが崩れやすい時期だからだと考えられています。

当院の治療方針|横浜市戸塚区 ゼロスポ鍼灸 整骨院 戸塚

起立性調節障害の治療として病院でよく行なわれているのが、日常生活の改善や薬物療法です。
日常生活の改善では、起きる時の姿勢や塩分を含む水分の摂取、筋力低下のための運動などがあり、軽度の場合はこれだけでも改善します。
しかし、効果が芳しくない場合は交感神経を活性化させて血圧を上げる昇圧剤や抗不安薬、漢方薬などが処方されます。

当院では、薬に頼ることなく自律神経を調整する治療を行なっています。
この疾病の患者様によくみられるのが、首周りの筋肉の緊張や猫背です。
この部分には自律神経が通っているため、筋肉の硬化によって神経が圧迫され、バランスが乱れてしまうのです。

そこで当院では、ゼロ整体という特殊な方法で、身体全体を整える施術を行なっています。
この施術によって筋肉の緊張を解いて血行を良くし、さらに背骨や骨盤の歪みを矯正していきます。
すると正しい姿勢を保てるようになるので首周りが緊張しにくくなり、自律神経のバランスも整っていくのです。

さらに、その状態を保つために大切なセルフケアや日常生活の注意点なども、細かくアドバイスしております。

起立性調節障害は、放置するとストレスから悪化し、不登校や引きこもりなどを起こしてしまうこともあります。
当院のゼロ整体で心身のバランスを整え、健康的な毎日を取り戻しましょう。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町44-1 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分