診療時間

スタッフブログ

タイプ別腰痛チェック!戸塚区 整骨院

タイプ別腰痛チェック!戸塚区 整骨院

こんな症状でお困りではないですか?

◎デスクワークでずっと座っていると腰が痛い

◎何かものを持ち上げる時に腰が痛い

◎家族や友達、同僚に姿勢が悪いと言われる

◎猫背や反り腰になりやすい

◎腰痛が慢性化しやすい

などでお悩みではないですか?

当院にも上記の症状でお悩み方がたくさん来院されます。

今回は慢性化しやすい腰痛と急に起こりやすいギックリ腰についてお伝えしていきます。

 

①腰痛とは?

「腰痛」とは身体に現れる症状の名称で、実は病気の名前ではありません。
そしてこの腰痛は、はっきりした原因が分からないことがほとんどです。 日常生活の歩行や姿勢などの動作の中で、いつの間にか痛くなり、動きが悪くなってゆくのです。

まずはご自身で「慢性的な腰痛だから…」と決めつけず、当院へご来院してみて下さい。
隠れていた、関節や筋肉の損傷が出てくるはずです。

②タイプ別の腰痛の症状

⑴前屈(前かがみ)での腰痛

前屈腰痛の代表例として、椎間板性腰痛があります。

前かがみは、腰椎と腰椎の間にある椎間板に相当の圧力がかかり、もしこの肢位で痛みがでた場合は椎間板由来の痛みの可能性が高いです。

また椎間板に炎症などの異常があれば、椅子に座っている姿勢で上下の腰椎から椎間板へ大きな圧力がかかるため、立位より座位の痛みが強くでることがあります。

⑵後屈(後ろ反らし)での腰痛

後屈の腰痛で代表的なものは、椎間関節性腰痛です。

椎間関節は腰椎の後ろにある関節で、体を反らした時に上下の関節面がぶつかり痛みを感じることがあります。また体を左右に捻った時も痛みがでることがあります。

同じ後屈での腰痛でも、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症という背骨の中で神経を圧迫する病気も、後屈や回旋で腰痛があらわれる場合があるので注意しなければなりません。

⑶腰から背中まで重い腰痛

腰から背中の筋肉が張っていて鈍痛がでている腰痛は、筋・筋膜性腰痛の可能性が高いです。

筋・筋膜性腰痛の原因は、腰回りの筋肉を酷使して筋疲労を起こしたり、運動不足で腹筋や殿筋群などが筋力低下を起こした時に背中の筋肉が腰をかばっておきる場合など様々です。

この腰痛は、前かがみでも痛みがでることがありますが、椎間板性腰痛のような座位での痛みはなく、むしろ座っている時には痛みが和らぐのが特徴です。

また、安静時に腰や背中に強い痛みを感じる場合は、筋肉ではなく内臓や大きな血管の疾患が原因になっている場合もありますので注意が必要です。

⑷お尻が痛い腰痛

お尻に痛みがでる腰痛にはいくつかの原因がありますが、その一つは仙腸関節由来の腰痛です。

仙腸関節は骨盤の仙骨(真ん中の骨)と両側の腸骨でなる関節で、炎症や痛みが発症しやすい関節でもあります。

仙腸関節性腰痛は、立位での荷重が腰にかかった状態で痛みがあらわれることがあり、階段を昇る時などで痛みがでることがあります。
またお尻に痛みや痺れが起こってしまうのもこの腰痛の特徴です。

もう一つは梨状筋症候群と呼ばれる疾患があり、お尻の奥に存在する梨状筋など股関節を外旋させる筋肉や、その周囲組織が原因でお尻の奥の痛みや、脚への痺れや痛みといった坐骨神経症状があらわれることもあります。

このほかにも過度な負荷が原因で起きる仙骨の疲労骨折や、お尻周囲の神経障害(上殿皮神経障害・中殿皮神経障害)など、治療に際しては専門的な検査や鑑別が必要となります。

 

あなたはどのタイプの腰痛ですか??

当院ではさまざまな腰痛の治療をおこなっています。

腰痛でお悩みの方は是非一度ゼロスポ戸塚にご相談下さい。

☎︎→045-866-6240

詳しくはコチラ

ゼロスポ鍼灸整骨院 戸塚スタッフ一同

横浜市 戸塚区 整骨院

腰痛 ギックリ腰 姿勢改善

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分