診療時間

スタッフブログ

デスクワークからくる肩こりや腰痛、当院にお任せください!戸塚区 整骨院

デスクワークからくる肩こりや腰痛、当院にお任せください!戸塚区 整骨院

「パソコン作業の後は肩や首が凝ってつらい」

「デスクワークになってから腰が痛い…」

日頃からデスクワークが多い方は、このような身体の不調に悩まされることも多いと思います。

そんな肩こりや首こり・腰痛になってしまう原因のほとんどがデスクワーク中の姿勢だと言われています。
どんな姿勢が肩こりや首こり・腰痛を引き起こすのか、その改善方法をお伝えしていきます。

また、正しい姿勢や座り方なども解説していきます。

 

肩こり・腰痛はパソコンを使用する時の姿勢が原因?

デスクワークでは作業に集中しているため、長時間同じ姿勢をとり続けることが多くなってしまいます。

長時間悪い姿勢を継続していると筋肉が緊張し、血流が悪くなり、筋肉がさらに硬くなるという負のスパイラルが起こり、肩こりや首こり・腰痛といった症状を引き起こしやすくなってしまいます。

①肩こり・首こりになりやすい姿勢

・顎や顔を前に突き出しやすい(ストレートネック)
・背中が丸まっている(猫背姿勢)
・作業中に肩が上がりやすい

肩こりは、主に僧帽筋(そうぼうきん)・肩甲挙筋(けんこうきょきん)・菱形筋(りょうけいきん)などの肩甲骨周りの筋肉が硬くなってしまい生じます。

肩甲骨周りの筋肉は、重さ約4~6kgの頭や、体重の約16%の重さを占める両腕を支えています。

顎や顔を前に突き出したり、背中が丸まっていたりすると、頭が肩よりも前に出ます。そうなると、頭を支えるために、肩甲骨周りの筋肉はもっと収縮してしまい、頭部が肩の真上にある時よりもかなりの負担がかかってしまい、肩こりになりやすいのです。また、いかり肩の方やキーボードの位置を高めに設定している方は、両腕を持ち上げる必要があるため、肩甲骨周りの筋肉に余計な力が入ります。

このような事が積み重なると肩こりに繋がってしまうのです。

②腰痛になりやすい姿勢

・背中が丸まっている(猫背姿勢)
・足を組んでいる

背骨には首から腰にかけて、もともとS字カーブという弯曲があり、この弯曲は筋肉への負担をやわらげ、効率的に身体を支えるのに役立っているのです。しかし、背中が丸まったり、足を組んだりすることが続くと、骨盤がずれてしまい、それに伴って背骨の弯曲が崩れてしまいます。その結果、筋肉の負担が増え、腰痛を引き起こしやすくなるのです。また、座っている時に足を組むクセがあると、骨盤が歪んでしまい体のバランスが悪くなってしまいます。

片方ばかりに負担がかかってしまうと、腰痛を引き起こしてしまう原因になります。

 

では姿勢を改善するにはどうしたらいいのか?

 

当院では腰痛や肩こりを根本的に改善するために姿勢の矯正治療を行なっています!

姿勢の矯正を当院では3つのステップに分けて治療をしています。

 

①筋肉の硬さ、関節の硬さを取る

基本的に肩こりや腰痛が起こってしまう原因の8割は筋肉の硬さや関節の硬さにあると言われています。

姿勢が悪くなってしまうと元々の骨格の位置がズレてしまい、筋肉が緊張しやすくなってしまいます。

筋肉が緊張すると筋肉が硬直して、硬直した筋肉が神経や血管を圧迫してしまうとヘルニアやギックリ腰になる可能性も高くなります。

当院では手技、または鍼灸治療を用いて身体の筋肉の固まりをほぐしていきます。

 

②骨格の矯正をして姿勢を戻す

当院では筋肉や関節の硬さを取るために骨格の矯正をおこなっております。

トムソンベットという専用の矯正ベットを用いて体のバランスや骨盤の矯正を行います。

骨盤の歪みをとることで姿勢が改善されて筋肉や関節が硬くにくくなります。

 

③インナーマッスルのトレーニングで姿勢を維持する筋肉をつける

インナーマッスルとは、上半身と下半身を結んでいる筋肉で、骨盤を支えている筋肉と言われています。

このインナーマッスルを鍛えることで歪んでいた骨盤を固定し、いい姿勢を維持することができます。

 

以上の3ステップをすることで、姿勢を維持することができます。

根本的に治療がしたい!姿勢を良くしたいという方!

一度ご相談下さい。

☎︎→045-866-6240

詳しくはこちら

横浜市 戸塚区 整骨院

肩こり 腰痛 膝痛 坐骨神経痛

姿勢改善 スポーツ外傷

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分