診療時間

スタッフブログ

背中のコリの原因は◯◯!?ゼロスポ戸塚で改善しましょう!戸塚区 整骨院

背中のコリの原因は◯◯!?ゼロスポ戸塚で改善しましょう!戸塚区 整骨院

・仕事中背中に違和感を感じる

・スポーツをしている時に背中の張りが気になってスポーツのパフォーマンスが落ちる

・スマホをずっと使用していると背中が張る

・猫背姿勢と言われたことがある

・気がついたら体が丸まっている

・背中の違和感や痛みが原因で夜眠れない

このような悩みはございませんか?

ゼロスポ戸塚に来られる患者様は、肩こりや腰痛だけじゃなく、背中の痛みや違和感を感じて来られる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

今回は背中の張りはなぜ固くなってしまうのか、またその解決方法をお伝えしていきます。

 

①背中が張ってしまう原因とは?

背中が張ってしまう原因のほとんどは大きく分けて2つあります。まず一つ目は猫背姿勢やストレートネックなど姿勢から来るタイプの背中の張りです。

⑴猫背姿勢やストレートネックが原因の背中の張り

背中の張りの原因となる筋肉はほとんど、首周りや肩周りよりも、肩甲骨につながっている筋肉が多いと言われています。本来、肩甲骨は肋骨の背中側の上にあり、島のように浮いた構造をしていて、肋骨の上をすべるように動くようにできています。しかし、長時間じっとして猫背姿勢などを続けることが多くなった現代人の場合、肩甲骨が外側に広がったままで動かないため、肩甲骨周辺の筋肉の血行が悪くなって硬くなりやすいのです。そのため余計に肩甲骨の動きも悪くなり、ガチガチにこりかたまっていくという悪循環に陥ります。

特に、肩甲骨を上に引き上げる役割をする「肩甲挙筋」と、肩甲骨を寄せる「僧帽筋」、「菱形筋」などが深く関連します。これらの筋肉や不良姿勢によって硬くなってしまうと背中の張り感が出てしまうのです。

⑵自律神経からくる背中の張り

そもそも自律神経とは、全身の器官をコントロールする神経系です。
具体的には、内臓の働きやホルモン分泌を司ります。  

自律神経は、交感神経と副交感神経が交代しながらバランスを保っています。
交感神経はアクセルの役目を果たす神経系で、身体を緊張・興奮させることで活動性を生み出します。
対して、副交感神経はブレーキをかける神経系で、身体の活動性を低下させることで、心身をリラックスさせます。
交感神経と副交感神経が、自然と入れ替わることで、心身の健康を保ちます。
もしこの自律神経のリズムが崩れてしまうと、心身にはさまざまな不調があらわれやすくなります。

その中の一つに背中の張りがあります。

背中に痛みが出ていて、尚且つ原因が特定できない場合は自律神経が原因で背中の張りが出てしまっている可能性があります。

自律神経の乱れによる背中の痛みは、左右の肩甲骨の両側・肩甲骨の内側・背骨周辺にあらわれやすいのが特徴と言われています。

自律神経が乱れると、交感神経が優位になるため、心身が緊張しやすくなります。
心身が緊張すると筋肉が強張りやすくなり、結果として背中の痛みを感じることがあります。

***********

当院では背中の張りに対して姿勢矯正や自律神経の治療を行なっています。

姿勢矯正の治療では、姿勢の基盤となる骨盤を専用のベットを利用して矯正を行い、その状態をキープするためにインナーマッスルのトレーニングも行っています。

また、自律神経の治療では、専用の機械(立体動態波)を使用しての治療や、鍼やお灸を使った治療も行っています。

仕事中背中の張りや違和感を感じる、背中の張りを無くして姿勢を根本から改善したい!という方は一度ゼロスポ戸塚にご相談下さい。

いつでもご連絡お待ちしております。

☎︎→045-866-6240

詳しくはコチラ

ゼロスポ鍼灸整骨院 戸塚スタッフ一同

横浜市 戸塚区 整骨院

肩こり 首こり 腰痛 背中の張り 膝痛

スポーツ障害 スポーツパフォーマンスアップ

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分