診療時間

スタッフブログ

辛い腰痛、ゼロスポ戸塚で改善しませんか?戸塚区 整骨院

辛い腰痛、ゼロスポ戸塚で改善しませんか?戸塚区 整骨院

・立ち上がる時に腰が痛む

・仕事中腰が痛くて集中できない

・スポーツ中に腰が痛む

・ギックリ腰を繰り返している

・猫背姿勢や反り腰と言われる

 

これらの症状で悩んだことありませんか?

 

腰痛は今や国民病とも言われるくらい、増加傾向にあります。

当院でも一番多く来院されるのが、腰痛やギックリ腰です。

しかし“腰痛”と一言に言っても、何となく腰が重だるい感じや違和感を感じたりするレベルの人から、腰が痛くて動くことも出来ない人や、ずっと足がしびれている人、ギックリ腰になってしまっている人などがいらっしゃいます。

症状によって原因も異なるので、本日はその原因と治療についてご説明していきます。

①腰痛の原因

腰痛には大きく分けて2種類あります。

「特異的腰痛」と「非特異的腰痛」です。

医療先進国のひとつである日本においても、腰痛の85%の方が「厳密な原因が特定できない状態」にあるのです。

特異的腰痛と呼ばれるものには、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、がんの転移、筋肉の炎症、内臓疾患などがあります。

非特異的腰痛はいわゆるぎっくり腰や慢性腰痛などを示します。

腰痛の方の85%がぎっくり腰や慢性腰痛。本当にそうなのでしょうか?
ここでは、特異的腰痛とされる代表的な疾患について説明しながら、非特異的腰痛について説明していきます。

◯特異的腰痛

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にはクッションの役割をする「椎間板」という構造があります。椎間板は、外側が硬い「線維輪」、内部は軟らかいゼリー状の「髄核」でできています。加齢などにより外側の線維輪が変性・断裂して髄核の一部が飛び出してしまい、脊髄神経根を圧迫することで痛みが起こります。

ひどくなると腰やお尻から下肢にしびれや痛みが広がり、力が入りにくくなります。痛みは、長い距離を歩いたり、重いものを持つと強くなることがあります。

椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作や作業、喫煙などにより起こりやすくなることが知られています。

 

・脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、神経の背中側にある黄色靭帯が分厚くなったり、椎体と椎体の間にある椎間板が突出してヘルニアとなったり、あるいは骨そのものが変形突出したりすることで脊柱管が狭くなった状態のことを指します。脊柱管が狭窄すると中を走る神経が圧迫されます。

圧迫されると足に痺れが出ます。

 

特異性腰痛の中ではこの二つが代表例です。

当てはまる症状があったら、当院にご相談ください。

 

◯非特異性腰痛

非特異的腰痛とは「腰背部の痛みを呈し、腰部に起因するが下肢に神経根や馬尾由来の症状を含まないもの」と定義されています。わかりやすくいうと、神経症状(神経痛、しびれ、感覚異常、麻痺など)の症状や、馬尾症状(尿閉や尿・便失禁、性機能障害、お尻周りのしびれや火照り)などの症状のない腰痛のことです。

腰痛は、生涯で成人の約80%の人が経験するといわれています。そのうちの約85%の腰痛が非特異的腰痛といわれています。非特異的腰痛は、画像診断と症状が一致しないため、原因の特定が難しい腰痛です。そのため慢性化しやすく、結果的に治りにくいと言われる腰痛です。

 

その原因として考えられているのが姿勢を支える筋肉の低下(インナーマッスルの低下)です。

 

②インナーマッスルとは?

人間の筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルの2種類があります。

インナーマッスルとは身体の奥深くにある筋肉で関節を支える筋肉で、アウターマッスルとは表面にある筋肉で関節を動かす筋肉と言われています。アウターマッスルは一瞬の動きで使います。それに対してインナーマッスルは持久力があり、姿勢を支えることに特化しています。

インナーマッスルは自分で鍛えるには、十分な筋肉量がつくまで、毎日トレーニングをして23年と言われており、大変で時間がかかります。

当院では自力で鍛えることが難しいインナーマッスルを、機械を使って鍛えていきます。

腰痛を根本改善したい方、ゼロスポ戸塚にご相談ください!

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分