診療時間

スタッフブログ

つらい肩こりをストレッチで解消!戸塚 整骨院

つらい肩こりをストレッチで解消!戸塚 整骨院

ずっと続く肩こり、本当に治るの?

と思ってる方は多いと思います。

どうせ治らないから…と諦めてしまうのは勿体無い!!

まずは原因から知っていきましょう🌟

🟡肩こりの原因

肩こりの原因は様々考えられますが、その1つとして、背骨が正しく働いていないことが考えられます。

肩こりの多くは、病気が原因ではない「本態性肩こり」です。姿勢の悪さや運動不足、冷え、ストレス、過労、不眠などが要因と考えられています。また、なで肩の人、華奢(きゃしゃ)な人、ストレスがかかりやすい人、デスクワークの多い人は肩こりになりやすいようです。
実際に肩こりの人を診察すると、高齢者では背骨の曲がった状態(猫背)、若い人では側弯症など、姿勢に異常が見られることがあります。また、東洋医学の視点で見ると、肩こりを訴える女性の多くに冷え症が認められます。

背骨は本来、大黒柱として体を支える安定性と、背骨の1つ1つが連動してスムーズに動く柔軟性を備えていることが重要。

背骨がこのようなよい状態を保っていれば、周囲の筋肉にも負担がかかりません。

ところが、猫背などの悪い姿勢、長時間のデスクワーク、バッグを片方の肩にかけるなどアンバランスな姿勢などが習慣になると、緩やかなS字カーブを描いていた背骨の状態が崩れてしまうことに。

その結果、僧帽筋など首まわりの筋肉に負担がかかり、肩こりを招いてしまうのです。

下の写真のように猫背になっていると、巻き肩になり肩こりになってしまいやすくなります。

では良くない姿勢の原因はなんでしょうか?

🟡姿勢が悪くなる原因

姿勢が悪くなる原因はたくさんありますが、例えば足を組む、カバンを片側にばかり持つ、パソコン作業の時画面の高さがあっていないなど、日常生活のちょっとしたことが積み重なって起こることがほとんどです。そういったことが繰り返された結果、筋肉が弱ったり固くなったり、左右のアンバランスを起こしたりして、正しい姿勢を保つのが難しくなってきます。

正しく保つためには、支える筋力が必要です。

骨盤が絵のように後ろに倒れてしまうのは、骨盤を支える筋肉の腸腰筋(インナーマッスル)の筋力不足が原因です。

腸腰筋は、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉です。腰をS字状にキープしたり、腿や膝を持ち上げる動きを行います。立ち姿勢(立位姿勢)を保つ際に重力に抗う抗重力筋でもあります。見えない奥深い位置にある筋肉ですが、姿勢に関わってくる筋肉です。

腸腰筋を鍛えることで、以下のようなメリットが期待できます。

体のバランスを保つ

  • よい姿勢をキープする
  • ヒップアップ、下っ腹が出るのを防ぐ
  • 腰痛予防
  • 腿を引き上げる力を強化し、速く走ることができる

『腸腰筋を鍛えるには、体幹トレーニングをした方がいいの?』

とよく聞きますが、インナーマッスルはヨガやピラティスなどのゆっくりとした運動で鍛えられます。

また、自力でトレーニングするのはかなり時間がかかってしまいますので、当院では「楽トレ」という機械を使って直接電気刺激で鍛えることができます。

姿勢を良くするためには、日常生活を見直していく必要がありそうです。また、脊椎圧迫骨折や側弯症など、背骨の病気によって姿勢が変化してしまうこともあります。

近年はデスクワークの急増により、姿勢不良が原因で起こる症状が増えてきています。

 

根本的な治療もするべきですが、まずはお家でのセルフケアも大切です。

猫背🐱が気になる人必見!!

🟡肩凝りストレッチ

 

①壁に手をつきます、肘は肩の高さで90°に曲げます

②胸の前を伸ばすように、手のある方と反対側に身体を向けます

赤い斜線のところが伸びていたらOK🙆‍♀️

 

まずは、20〜30秒グーっと無理のないように伸ばしていきましょう。

大体、2〜3セットで試してみてください。

 

肩こりにお悩みの方、ゼロスポ戸塚で根本治療しませんか?

詳しくはこちら

お問い合わせ、ご相談お待ちしております。

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分