診療時間

スタッフブログ

戸塚区で自律神経の不調になったらどうしたらいいの?

戸塚区で自律神経の不調になったらどうしたらいいの?

自律神経には、「交感神経」「副交感神経」があります。

日中など活動しているときは主に「交感神経」が担当し、夜になってリラックスしたり、睡眠など休息をとっているときは「副交感神経」が優位になり、

両者はシーソーのようにバランスをとりながら身体を調整しています。

交感神経が優位なときは、エネルギーを消費して、活発に臓器も動かします。副交感神経優位の時は、省エネモードに切り替えて、元気な状態に回復させる休息の時間にしています。

そのため、どちらか一方が優位になってしまうと心身のバランスが崩れ、いわゆる「自律神経失調症」となります。

馬の手綱みたいに、交感神経も副交感神経も同じくらいの割合で働いているときが理想的であり、活動的で疲れにくく、仕事でも高いパフォーマンスを発揮できます。この状態であれば体調にそれほど問題は起きません。

 

では、この自律神経のバランスが崩れると何が起きてしまうのか?

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、各々の臓器が問題ないにもかかわらず、以下のような症状がおきます。

 

・突然動悸がする

・脈が速くなる

・脈がとぶ

・息苦しい・

・喉がつまった感じがする

・吐き気がする

・胃が痛い

・下痢が続く

・耳鳴り

・めまい

・汗がとまらない

・だるさが抜けず、横になってしまう

などなど

 

これらの症状の共通点としては、病院で検査しても検査しても異常なしと言われ、何も見つからない。ストレスと言われたりします。

それは臓器そのものに問題があるわけではなく、それを動かし、調整している「自律神経」が乱れているからです。

では、自律神経がどうして乱れるのでしょうか?

 

交感神経≫副交感神経 または、 副交感神経≫交感神経

のどちらかに、バランスが偏ってしまっているからです。

 

自律神経のバランスが偏ってしまう原因とは?

・不規則な生活

・過度なストレス

・食生活の乱れ

・運動不足

・睡眠不足

・不良姿勢

・骨盤の歪み

・産後(ホルモンバランスの乱れ)

・月経前(ホルモンバランスの乱れ)

・更年期(ホルモンバランスの乱れ)

・スマホ

・喫煙

・深酒

などがあります。

 

姿勢が原因で起こる理由は、副交感神経が首の辺りから迷走神経とともに体に広がり、骨盤神経として腰の辺りからも出ています。

姿勢が悪く前屈みになっていると、副交感神経の働きが悪くなり不調の原因につながります。

自律神経治療には鍼灸治療!

鍼灸治療は交感神経をゆるめ、過緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげることが出来ます。

さらに、皮膚刺激を通して脳の視床下部にも良い影響を与えて、ホルモン分泌のバランスを整えることにもつながります。
最近の研究では、「気持ちいい」という快刺激が脳内のβエンドルフィン等の神経ペプチド(※)の分泌を活性化させ、自律神経の機能を正常化させる働きがあることが分かっています。

自律神経失調症にも一定の効果が期待できます。

自律神経失調症は肩こり、冷え性、不眠症、下痢・便秘、食欲不振やどの場所が悪いかはっきり分からない「不定愁訴」などの症状を一緒に伴っている場合が多くみられます。
鍼灸治療では、各患者さんがその時に抱える具体的な症状に合わせて、柔軟に対応・治療することができます。

また、鍼灸治療は薬物と違い、副作用がなく、こどもから高齢者まで幅広く効果を得られます。

 

※神経ペプチド:脳内には60種類以上が存在し、自発運動、食運動、体温調節運動、疼痛、睡眠、学習、記憶などその機能は多機能にわたって深く関わっている。βエンドルフィンはその働きから、「脳内麻薬物質」とも呼ばれている。

ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚は自律神経症状に対して鍼灸治療や最新の機器を使用した治療も行なっております。

当院には鍼灸師が常時在籍しており、女性鍼灸師もおりますので、戸塚区の自律神経症状で悩まれている方はぜひ一度ご相談下さい!

もちろん戸塚区以外の方も大歓迎ですよ!

自律神経失調症

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町44-1 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分