診療時間

スタッフブログ

膝の痛みにはストレッチで予防・改善!

膝の痛みにはストレッチで予防・改善!

こんばんは!ゼロスポ戸塚です。

本日もあいにくの雨ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

最近気温差が激しく、元あった痛みが酷くなってしまった、と来院される方が連日増えています。

本日はそんな患者様のうち一人の方の症例を報告します。

【70代・女性】

傷病名:左膝関節痛

主訴:段差での荷重痛、歩行痛、カーブスに通っていたのに今痛みで行けないのがつらい

施術内容:ゼロ整体、楽トレ、ヴィクトリズム(下肢の運動療法)

経過:立位荷重時のバランスの崩れにより、大腿部・臀部・インナーマッスルの筋緊張が強く、膝内側部の付着部に疼痛誘発。

ゼロ整体により筋緊張の緩和と荷重バランスの調整を行い、姿勢の維持を目的に楽トレによるインナーマッスルトレーニングを2ヵ月半継続。

→その後、下肢の筋力向上、安定性改善のためにヴィクトリズムによるトレーニングを処方。

徐々に疼痛解消し、歩行の安定性向上、および歩行速度アップ!

現在、運動をしても再発しないよう、現在トレーニング継続中。

**********

 

ではなぜ膝に痛みが出てしまうのでしょうか?

激しい運動をしたり、たくさん歩いたりすると膝を痛めてしまうと考える人も多いでしょう。

確かに、スポーツや仕事などによる過度な負荷は、膝の痛みの大きな原因になります。

しかし、逆に膝をあまり動かさない運動不足も原因の一つといわれています。

ここでは膝に痛みを生じさせる、運動不足に起因した原因について探っていきましょう。

膝痛はどうして起こるのでしょうか?

膝痛というのは膝関節の痛みです。この小さな関節に体重の負荷がかかりますが、つるつるしている軟骨が摩擦をやわらげたり、

靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。

しかし、加齢による骨の新陳代謝の低下や軟骨へのストレスで膝痛が起きてきます。

軟骨へのストレスとは冷え、肥満、過去のけが、O脚やX脚、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下などです。

とくに脚の内側の筋肉が弱くなってくると、膝関節が不安定になり、膝痛の原因になります。

膝の疾患はいくつかあり、不安な場合は病院で診断して頂くことが安心かと思います。

病院ではレントゲンやMRIなどを使って画像診断が出来ます。

当院では紹介状を書くことも可能ですので、気になる方は一度ご来院お待ちしております。

では、いくつか疾患を上げていきましょう。

☆変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

膝関節痛の原因として、最も多いのは変形性膝関節症です。

これは加齢(年をとること)やケガによって軟骨がすり減って、膝関節が変形してしまう病気です。

変形性膝関節症は、女性がなりやすい病気で、高齢になるほど発症率が高まっていきます。

症状が軽いうちは、立ち上がるときや歩き始めたときなどに痛みを感じますが、しばらくすれば痛みは治まります。

しかし症状が進むと、階段の昇降や正座が困難になり、末期になると膝がピンと伸びなくなったりします。

関節性リウマチ(かんせつせいりうまち)

関節が炎症を起こし、手足の関節が腫れたり、変形したりする病気です。

関節性リウマチは、膝だけではなく、全身に症状が出る病気です。

発症した初期の段階では、熱っぽい、食欲がない、全身がだるい、朝起きると関節の周囲がこわばる…などの症状が見られます。

症状が進むと、手足の指などの関節が腫れ、肩、ひじ、手首、膝、股関節、足首など、全身に痛みが広がっていきます。

さらに症状が進行すると、膝に水が溜まって動けない、骨や軟骨が破壊されて関節が動かせない、歩くのが困難になるほどの痛みを伴うなど、

日常生活に支障をきたすほどの重篤な症状を引き起こしたりします。

他にもさまざまな疾患がありますので、気になる方は一度ご来院ください。

痛みがそこまで強くない方は、まずストレッチをしてみましょう。

膝を支える筋肉を柔軟にするためのストレッチ法

膝周りの筋肉を柔軟にするためのストレッチを2つご紹介します。

太ももの前側(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

  1. 壁に片手をついて立ち、片足の膝を曲げ、つま先をつかみます
  2. つま先をお尻の方へ引き寄せ、太ももの前側を伸ばします
  3. 息を吐きながら30秒キープします
  4. 反対側も同様に行い、左右2〜3セット行います

すね前(前脛骨筋)とふくらはぎ(腓腹筋)のストレッチ

  1. 床に座って両足を伸ばします
  2. つま先をゆっくりと遠くに伸ばして、すねを伸ばします
  3. つま先をゆっくりと手前に引き寄せ、ふくらはぎを伸ばします
  4. 2〜3を10回繰り返します

無理をせず、気持ちよく筋肉を伸ばしていきましょう。

いかがでしたか?

皆さんもやってみて感想を聞かせてくださいね!

詳しくはこちら

ゼロスポ戸塚では、膝の痛みにお悩みの患者様もお待ちしております。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町44-1 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分