診療時間

スタッフブログ

反り腰は骨盤矯正で改善!腰痛の原因になる姿勢とは? 戸塚 整骨院

反り腰は骨盤矯正で改善!腰痛の原因になる姿勢とは? 戸塚 整骨院

こんばんは!

ゼロスポ戸塚です。

突然ですが、皆さんはどんな姿勢をしていますか?

当院の前にもPOPが貼ってあるのですが、

通行人の方々もよく自分の姿勢と比べてPOPを見ています。

皆さん、やはり自分の姿勢が気になるんですね!

そもそも、良い姿勢、悪い姿勢って?

誰しも子どもの頃に「姿勢が悪い」と注意を受けたことがあると思います。

いわゆる「良い姿勢」とは、耳、肩、股関節の出っ張り、

くるぶしの少し前が一直線になっている状態を指します。

良い姿勢・悪い姿勢とは?

そもそも良い姿勢とはどういう状態でしょうか。
身体の構造としてみると、背骨を含む骨・関節や筋肉が正常で、

神経にも問題なく、最小限の力で姿勢が保持でき、

力学的かつ精神的に安定した状態が良い姿勢とされています。
これらが破綻することで、腰痛や背部痛が引き起こされ、

日常生活や就労、運動などに問題が生じた状態を「不良姿勢」、

いわゆる悪い姿勢といいます。

日本人は世界一座っている民族!?

皆さんは1日何時間、座っていますか?

世界の座っている時間の平均は約5時間といわれています。

それに対して、日本人は約7時間。

日本人の座っている時間は、世界中でもっとも長いといわれています
座っている姿勢は、気を抜くと背骨が丸まり、肩が落ち、下腹がでてと、

時間が経つにつれて姿勢がどんどんくずれてしまいます。

そんな姿勢を長時間続けていると、腰をはじめ、

首や肩、腕などに負担がかかり、疲労が蓄積しやすくなります。

現代人は、姿勢をくずして座り続けることのリスクについて、

改めて考える必要がありそうです。

整形外科や脊椎外科では、立った状態で正面を見たときに、

最小限の筋負荷で体幹を保持できる状態を良い姿勢。

逆に、立っている状態を保持するために、

体幹への負荷が大きくなるようなバランスを欠いた状態を悪い姿勢と判断しています。

では負担大きくなるとどんなことがおきるのでしょうか?

姿勢が悪いことで起こる悪影響

☆肩こり
☆腰痛
☆頭痛
☆倦怠感
☆便秘・下痢
☆胃腸の不調
☆睡眠障害
☆精神不安

このような症状に思い当たる節はありませんか?

姿勢が悪いと、筋肉や内臓が、本来あるべき位置からずれてしまいます。

するとその機能が低下したり、一部の筋肉が酷使されたりするのです。

偏って負荷がかかると、当然、痛みが出てきますよね。

自分が「楽だ」と思っている姿勢でも、実は体には大きなストレスを与えている場合があります。

腰痛もそのうちの一つです。いい姿勢だと思って反り腰になり、

腰部に負担がかかってしまっている場合が多いです。

長期に渡りこのストレスを抱えていると、筋肉が凝り固まり、けがをしやすくなったり、

内臓の機能障害を起こしたりと、姿勢の悪さと病気の関連性が指摘されています。

また肩をすぼめるような姿勢だと、肺の膨らみが悪く、酸素を取り入れづらくなります。

特に脳は酸素の消費量が多いので、酸素不足の影響を受けやすく、

注意力の散漫や、イライラなどの精神状態にも影響してしまうのです。

ポッコリお腹の原因は反り腰!?

女性のお悩みで多いのがポッコリお腹。

特に太っているわけではないのに下腹だけがポッコリ出てしまっている状態です。

このポッコリお腹状態は反り腰ととても関係があります。

反り腰になると背面の筋肉が緊張し、逆にお腹側の筋肉が緩みやすくなります。

そうすると腹圧が弱くなりポッコリお腹になってしまいます。

もっとひどくなると内臓が下垂して、深刻なポッコリお腹になってしまいます。

その腹圧を高めるためには、骨盤を支える筋肉にインナーマッスルを鍛えていく必要があります。

当院では姿勢を矯正するのと同時にインナーマッスルを鍛えていくことが出来ます。

姿勢を治して、今後の腰痛の危険性を少しでも回避しましょう。

最近、ぎっくり腰で来院される患者様も増えていますので、

そうなってしまう前にご来院お待ちしております。

詳細はこちら

ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 スタッフ一同

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町44-1 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分