診療時間

スタッフブログ

野球肩の原因は姿勢(フォーム)から??戸塚 整骨院

野球肩の原因は姿勢(フォーム)から??戸塚 整骨院

こんにちは!ゼロスポ戸塚です!

春になり暖かくて過ごしやすい気温になってきましたね!

ゼロスポ戸塚に治療に来られてる学生さんもシーズン入りされて試合が近い患者さんが多く、シーズン中に怪我をしたくない、何月の試合には絶対に出たい!と思い治療に来られる患者が増えてきています。

その中で今回は『野球肩』についてどのように治療しているのか、そもそも野球肩の原因など説明していきます。

そもそも野球肩って何??

投球動作時に発症する肩障害の愛称です。

過度な投球や投球フォームから肩に負担がかかって発症するケースが多いとされています。

野球肩は、インピジメント症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグショルダー)、関節唇損傷、動揺肩などの怪我があります。

野球肩の原因と種類

肩関節の中にある靭帯や腱、筋肉などが投球動作によって障害を受けることを原因として発症します。

野球肩は大人でも子どもでもなることがあると言われてますが、ほとんどが子どもに多いと言われてます。子どもに多い野球肩を『リトルリーガーショルダー』と言います。

この怪我は、投球動作に関連する上腕骨の成長軟骨が、投球動作によって損傷されることが原因で発症します。

また、野球肩の中で大人で多いと言われるのが関節唇損傷です。

関節唇損傷は、肩周りの腱や筋肉、靭帯などが損傷を受けることで発症します。

その他、野球肩に含まれる病気として、インピジメント症候群があります。肩関節には回旋腱板と呼ばれる腱があり、この腱は肩関節の安定性を保つのに重要なものです。しかし、過度な投球やフォームが崩れて肩に負担がかかることに繰り返すによって、腱板が骨にはさまれて炎症を起こすと発症します。

この症状が出たら野球肩かも??

・腕を上げるときに痛む

・投球時、または投球後に肩が痛む

・関節の可動域制限がある(肩が上まで上げれない)

・力が入りにくく、全力投球、遠投ができない

野球肩になっても日常生活は問題なくできる。

練習や試合を休んで痛みがなくなっても、投球を再開するとまた痛みが出る事もあるので予防のためにも早めの治療が大切です。

もし野球肩で悩んでいる方がいましたら一度ゼロスポ戸塚にご相談下さい。

☎︎→045-866-6240

ゼロスポ戸塚でできる野球肩の治療は??

①立体動体波動

立体動体波とは外からは触ることができない深部の筋肉を緩めたり、炎症を抑え痛みを緩和することができる機械です。

野球肩は肩の中の筋肉や腱、靭帯が炎症して起こる怪我なのでピッタリな治療法です。

②鍼灸治療

野球肩で原因となっている筋肉を中心に、原因となる筋の緊張や周りの筋肉の緊張を緩めることを目的として行います。

③骨格矯正

野球肩は姿勢(フォーム)が原因になることがほとんどです。

ゼロスポ戸塚では骨盤矯正や当院独自のゼロ整体を用いて骨盤矯正を行なっています。

こちらは当院に来られた野球をしている学生が実際に行った治療と経過です。

**********

10代 男性

[傷病名]

右野球肩

[主訴]

投球時のコッキング期(投げる瞬間)の痛み

[施術内容]

立体動体波

トムソンベットで骨盤矯正治療

ゼロ整体

肩甲骨安定性トレーニング

肩周りのストレッチ

[経過]

初回、2回目は痛みが強かったので立体動体波で集中的に痛みの治療を行いました。

3回目以降はゼロ整体で棘上筋、広背筋メインでアプローチして、9回目でシャドーピッチングで痛み軽減。

実際投球して痛みが出ないように肩甲骨安定性トレーニングと肩甲骨周りのストレッチをして無理なく投げられるようになったところで卒業しました。

 

**********

春になって野球シーズンが始まった今だからこそ痛みが強くなる前の治療が大切です。

今野球肩で悩んでいる方、今後なりたくない方は一度ゼロスポ戸塚にご相談下さい。

お気軽にお問合せお待ちしております。

☎︎→045-866-6240

横浜市 戸塚区 戸塚駅 整骨院 鍼灸

詳しくはこちら

ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分