診療時間

スタッフブログ

自律神経を整えるためにできること/横浜市 戸塚区 整骨院 

自律神経を整えるためにできること/横浜市 戸塚区 整骨院 

【自律神経の乱れチェック】
  • 朝、気持ちよく起きられないことがある
  • なかなか疲れが取れない
  • 頭がすっきりしない(頭がズーンと重い)
  • 手足が冷たいことが多い
  • 朝の排便がうまくいかない
  • ときどき動悸がすることがある
  • めまいを感じることがある
  • 急に息苦しくなることがある
  • ときどき立ちくらみがする

チェック☑︎の数が

0~2個 自律神経の働きは大丈夫
3~5個 少し乱れている
6個以上 要注意

 

****************

 

最近気温が急激に上がり、夜になると少し寒い…みたいな日が多いですよね。

当院を受診される方も、気温差に身体がついていけず、痛みや不調を訴える患者様が多くいます。

なんとなく身体がだるい、眠れない、イライラするといった身体の不調。

皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか? 特に最近のような季節の変わり目や昨今の自粛期間中にそんな症状を感じたとすれば、それは自律神経が乱れているサインかもしれません。

今回は自律神経の乱れの原因、症状、そして整え方を詳しくお話ししていきます。

 

自律神経ってなに?

自律神経とは、体の働きを調整する神経のことです。

交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、それぞれのバランスを取ることが非常に重要です。

交感神経▷心身の活動を活発にする、昼間に働く(車🚗に例えるとアクセル)

副交感神経▷休息に導く、リラックスをする時に働く(車🚗に例えるとブレーキ)

この2つはシーソーのようにお互いにバランスを取りながら働いています。例えば眠っている時は副交感神経が優位に働いている状態、朝起きてだんだんと交感神経が優位になり日中は活動的になります。

この2つの交感神経・副交感神経のバランスが取れなくなると、「自律神経の乱れ」に繋がります。

 

不安やだるさは自律神経の乱れかも?

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれていますが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。これが、自律神経の乱れた状態です。人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労または、昼夜が逆転したような不規則な生活などが、自立神経の乱れの原因になるといわれています。

「自律神経失調症」という言葉を聞いたことはありますか?自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり吐き気や多汗全身のだるさ頭痛肩こり手足のしびれ動悸不整脈めまい不眠など、さまざまな症状が見られる病気です。これらの症状は人によって大きく異なります。

自律神経が乱れないようにするためには?

まずは生活習慣の見直しが自律神経を整える第一歩です。

 

①朝起きたら日光を浴びる☀️

朝起きたら、まずはカーテンを開けて日光を浴びる習慣をつけましょう。目から光の刺激を入れることで、体内では「セロトニン」が活性化されます。「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質のセロトニンには、自律神経を整える働きがあるのです。また、陽射しをたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、体に活動と休息のリズムも生まれます。そのため、不眠などの症状にも効果的です。

②軽い運動

適度な運動は自律神経を整えることに対して効果的です。

大体少し身体が温まるくらい、歩いたりジョギングしたりする場合はもし人がいたら会話ができるくらいが適度な運動です。

③お風呂に浸かる、良質な睡眠をとる

入浴のポイントは、ぬるめのお湯に入ること。36~40℃程度のお湯に浸かることで副交感神経が優位になり、心身がリラックスした状態になって質の良い睡眠にもつながります。逆に熱いお湯では交感神経が活発になってしまうので気を付けましょう。寝る1時間前にはお風呂から上がりましょう。

また、「疲れたら休む」ではなく、意識的に睡眠や休息の時間を取りましょう。寝る前の1時間はなるべくスマホやテレビ、パソコンは見ないようにしてください。

 

④食生活の改善
栄養バランスの取れた食事を意識しましょう。
セロトニンというホルモンは体内で貯蔵できないので、食べ物からセロトニンを生成する栄養素を取る事がポイ ント。
・トリプトファン・・・乳製品や大豆製品
・ビタミン B6・・・魚類、肉類、レバー 炭水化物・・・穀類(白米やコーンフレークなど)
・バナナは 3 つとも含んでいる食品

 

⑤腸内環境を整える
腸はストレスや緊張などの精神的な影響を受けやすい器官です。 腸が不調な状態だと体の隅々まで栄養が行き届かず、体調不良を引き起こしてしまうの です。その様な方は腸活を取り入れてみましょう。
・朝起きたらコップ 1 杯の水を飲む
・ストレッチで腸を活性化させる
・食物線維や乳酸菌を積極的にとる。
・夕食から3時間は消化時間にあてるようリラックスする。

 

自律神経の乱れは生活習慣から変えられます。

小さな習慣を積み重ねて、自身の身体を健康に導きましょう。

ゼロスポ戸塚では、生活指導とともに鍼灸治療や姿勢矯正治療など患者様の症状に合わせて根本治療をしていきます。

 

お気軽にご相談ください◎

詳しくはこちら

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 戸塚 0458666240
  • LINE

診療時間

住所
〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町3008-3 アジャート 1F
アクセス
戸塚駅から徒歩10分